自分の子どもを入れたい園をつくる
tree bird

中央線武蔵小金井駅から徒歩15分、「こどもの森グループ」の一員の園です。
私たちは子ども達にとって居心地の良い、第二のおうちのような存在であること、
保護者の方にとって使い易く、子育ての支えになる存在であること、
子どもをここで育てたいと思える存在であること、を目指して園づくりを行っています。

保育内容1

一日の流れ

時間

登園・自由遊び

子どもたちが元気いっぱいに「おはようございます」と登園します。

朝の会

お当番が前に出て、前日の出来事を自分の言葉で発表し、会を進行します。挨拶や月の歌をみんなで歌います。

設定保育・戸外遊び

毎日公園や園庭で身体を動かしています。雨の日には、室内で運動遊び(マット、鉄棒)やリズム遊びを行います。

着替え

たくさん遊んだあとは、着ていた服を脱ぎ上手に畳んでリュックにしまいます。

手洗い

ご飯の前に手洗いをします。 お洋服も手もピカピカになって”いただきます!”

給食

お友だちや職員と食べることで、楽しい雰囲気の中食事のマナーを身に付けます。みんなでたべるとおいしいね。

歯磨き(3歳児より)

シリコン製の歯ブラシを使って、座って静かに歯磨きを行います。

お昼寝

ひとりひとりのコットで、おやすみなさい。午後の時間の充実を図る為、14:30に自然起床できるようにしています。

起床・おやつ

起きた子から順次、毎日手作りのおやつで午後活動への元気をチャージ。子どもたちの大好きなおやつの時間です。

午後活動

園庭やテラスで全身を使って遊びます。暗くなる時間までお外で遊んでいます。

帰りの会

帰りも子どもたちの元気な歌声が響きます。今日も一日楽しかったね。

順次降園

その日のお子様の様子をお話します。玄関にはクラスごとの活動の様子を毎日更新しています。また明日も元気に来てね!

保育内容2

年間行事

入園式

新しいお友だちを歓迎します。ご入園おめでとうございます。これからたくさん遊ぼうね。

進級式

進級したお友だちのお祝いをします。ご進級おめでとうございます。手づくりメダルをプレゼントします。

親子遠足

親子の触れ合いと保護者の方々との交流を目的として、小金井公園等にてクラスごとのレクリエーションをします。

端午の節句

こどもの日の由来を知り、男の子の健やかな成長を願います。自分で作ったこいのぼり製作を前に出て発表をします。

春のイベント

  • 入園式
  • 進級式
  • 親子遠足
  • 全園児健診
  • 端午の節句
  • 歯みがきデ―
  • 歯科検診

は保護者参加行事となります

七夕会

七夕のお話を聞き、短冊に願いを込めて笹に飾ります。笹飾りは幼児さんの手作りです。

夏まつり

保育園が縁日会場に大変身!浴衣や盆踊りで“夏”を楽しみます。

ありがとう会

敬老の日にちなんで、大好きなおじい様・おばあ様を園に招待し、お孫さんと楽しい時間を過ごします。

お弁当デー

ご家庭から空のお弁当箱をお持ちいただき、エプロンと三角巾を身に付け給食を詰めて食べます。

夏のイベント

  • 七夕会
  • 夏まつり
  • 水遊び
  • お楽しみデー
  • お泊り保育

は保護者参加行事となります

運動会

日々の保育で取り組んできた成果を発表します。年齢に合わせた競技に成長が感じられます。

ハロウィン

手作りの可愛らしい衣装を身に付け変身!「トリックオアトリート!」と近所をまわります。

ありがとうの日

勤労感謝の日に、近隣の施設に子どもたちの手作りプレゼントを「いつもありがとう」と気持ちを込めて渡します。

クリスマス会

子どもたちが楽しみにしているクリスマス!各クラス製作を発表し、サンタさんからプレゼントをもらいます。

秋のイベント

  • 運動会
  • ハロウィン
  • 保育参加
  • お芋ほり
  • お弁当Day
  • 園バス遠足
  • ありがとうの日
  • クリスマス会
  • 大掃除

は保護者参加行事となります

初参り

新しい1年の始まり。参拝の作法を学び、近隣の神社へ初詣に出掛けます。

節分

日本の伝統行事に触れ、自分の中にいる“鬼”を追い出します。最後には本物の鬼が登場…!?

発表会

各クラスの可愛らしい演目があります。劇に挑戦します。「おおきくなったね」と1年の成長を感じられる日です。

お店屋さんごっこ

「いらっしゃいませ」と子どもたちのアイディアでお店が開店します。乳児クラスのお友だちは買い物を楽しみます。

冬のイベント

  • 初参り
  • 伝承遊び
  • 節分
  • 発表会
  • お店屋さんごっこ
  • 桃の節句
  • 卒園式
  • お楽しみ会
  • クラス交流会

は保護者参加行事となります

OUR ACTIVITY

園の取り組み

体育遊び

1~5歳児

毎週火曜日は体育遊び!毎月のテーマ(縄跳び、マラソン、鉄棒、マットなど)に沿った活動に挑戦します。

わくわくデー

全園児

毎週木曜日はわくわくデー!早めにお散歩に出発し公園でたくさん身体を動かし、体力作りをしています。

園バス遠足

3・4・5歳児

動植物との触れ合いを楽しみながら、楽しい思い出を作ります。公共施設でのマナーも身に付けます。

コーナー保育

全園児

1人ひとりが複数のコーナーから得意な事や興味ある事を自ら選びじっくりと遊びこめる空間を作っています。

製作

全園児

季節を取り入れ色々なことに挑戦し表現する楽しさ、達成感が味わえるよう年齢に合わせて毎月行っています。

音楽遊び

4・5歳児

鍵盤ハーモニカなど友だちと一緒に楽しく演奏することで、手と目と耳の協応力を養います。

保護者様の声

O.Aさま
保護者様の声
原文
・開園したばかりなので園舎もおもちゃも園庭もピカピカでした。
・お昼寝が布団ではなくコットなので衛生的で良いと思います。
・食事用エプロンは園で用意・管理してくれるので家で準備したり洗ったりする必要もなく、布団カバーもないので、毎日の荷物が少なくて助かります。
・父母会やクラス役員のようなものがないので休日は子どもとの時間を過ごせます。
H.Nさま
保護者様の声
原文
・広い園庭には、ハンモックブランコやぐるぐるすべり台などをはじめ、月齢の小さい子も遊べる遊具もあり、子どもたちものびのびと遊ぶことができます。
・若い先生が多く、活気があり、明るい雰囲気を作ってくれています。
・他の園より、持ち物が少なくてありがたいです。
・一日のできごとをスケッチブックに写真つきでまとめてくれていて、園での様子が少しでもわかるように工夫してくれています。
・運動会を体育館で行なったり、夏祭りを教室内で行なっていただき、天候や日程変更を気にせず、過ごすことができてうれしいです。
K.Rさま
保護者様の声
原文
子供の心に寄り添ってくれる保育園です。
例えば、発表会などでも完璧に出来る事を目指す事よりも、子供1人1人の成長や思いを大切にしてくれていると感じます。
園だよりで“今月のねらい”を掲示して下さるので、家庭でも同様の“ねらい”をもって生活する事ができるのが良い点だと思います。
N.Yさま
保護者様の声
原文
保育園に通うまでは、野菜、肉、魚などを一切食べなく、好きなのはおやつかパンのみで悩んでいました。保育園では、“お友達効果”や同じ食材でも全然ちがう調理をしてくれることで、1ヶ月をすぎるころには、お野菜も魚も肉もよく食べてくれるようになりました。子供が食べる食べ物のバラエティが広がるだけでなく、栄養面も配慮してもらえ、本当に助かっています。手作りのおやつも取り入れられており、美味しそうだなと毎日、見本を見て思っています。
M.Aさま
保護者様の声
原文
たくさんの園を見学しましたが、先生が笑顔で接してくれたのが印象的でまなびの森に決めました。園庭も広く、遊具もとっても楽しそうで明るいです。
給食もおやつも毎日バランスも考えて下さっているので、安心して仕事に行けます。
朝夕、私たち保護者にも「いってらっしゃい」「おかえりなさい」と声をかけてくれるのでもう1つの家のように感じて、毎日とても楽しく登園しています!
M.Aさま
保護者様の声
原文
保育園の近くには小金井公園があり、天気の良い日は歩いて遊びに行っています。とても広い公園で、思い切り走ったり、季節の花を見たり、落ち葉拾い、どんぐり拾いなど楽しい遊びをたくさんしてくれます。園庭の遊具も魅力的で、おむかえに行くと、子供達の楽しそうに遊ぶ声が聞こえてきます。室内のおもちゃも充実していて毎日楽しく通っています。
K.Hさま
保護者様の声
原文
明るい雰囲気の園内と広々とした園庭を気にいっています。そこで元気に遊ぶ子供達を見たママ友からは、是非この保育園に入りたい!どうやったら入れるの?と聞かれたこともあります。改めて良さを再発見し、入園できて良かったなと感じています。
また、毎日の行動予定表や子供達の様子の展示をしていただいているので楽しみに見ています。先生達からも個々の様子をしっかり報告も聞けています。
E.Aさま
保護者様の声
原文
日々のお散歩や製作、お歌など、さらにはクッキングや発表会、運動会、遠足など、多彩な経験をさせてくれます。子どもが「今日はこんなことしたよ!」と楽しそうに話すのを聞き、保育園で身につけたことを披露してくれるのを見るたびに、学びもしっかりしてくださっていることがよく分かりありがたく思っています。
先生方とフランクに相談、お話できるのも良いと思います。
K.Mさま
保護者様の声
原文
年度途中の入園でしたが、先生方が丁寧にフォローしてくださり、子どももあっという間に慣れて、慣らし保育を短縮していただいたくらいです。
毎日、子供の成長目的に沿って計画が立っているので、今ってこういうことが出来るようになる時期なのかと気付かされます。給食もおいしいようで、今まで残した事がありません。
また、設備の面から防犯、非常時の対応も安心できます。保護者としては、園でのおむつ処理が特に助かっています。
Y.Sさま
保護者様の声
原文
・持ち物、準備するものが少ない(お布団カバー、エプロン、お手ふきタオルは不要、園バックのサイズ指定もなく、汚れ物入れはスーパーのビニール袋でも何でも可)
・オムツの持ち帰りがなく、おしりふきも用意しなくて良い。
・延長保育、土よう日保育について、嫌味を言われない。
・毎日の手作りアルバムがすごい(心が込もっているのが伝わる)
・雨の日はタオルが用意されていて、子供だけでなく保護者への気遣いもすばらしい。

保護者様アンケート

現時点で園を選び直すとしたら
当園を選びますか。

選ぶと回答

89%

個々の発達に向き合って保育して頂き感謝!

総合的に大満足!

入園案内

施設概要

名称
まなびの森保育園武蔵小金井
住所
〒184-0004
東京都小金井市本町3-12-13
電話番号
042-387-3120
保育時間
月~土 7:00~20:00 
日曜・祝日および12/29~1/3は休園となります。
対象年齢
産休明けから就学前までの児童
定員
100名
園庭
あり
アクセス
JR中央線 武蔵小金井駅 徒歩15分

保育料

月極保育

月~金コース

基本料金 0才 1~2才 3~5才
延長料金
(30分)
2食目
スポット
(30分)

月~土コース

基本料金 0才 1~2才 3~5才
延長料金
(30分)
2食目
スポット
(30分)
一時保育
入園登録料
30分あたり 0才 満1才以上
給食・おやつ 0才 満1才以上

よくあるご質問

幼児教育の面で保育園と幼稚園は大きな違いがあるのでしょうか
厚生労働省による保育園の内容を定めた「保育所保育指針」、文部科学省による幼稚園の内容を定めた「幼稚園教育要領」において、両者が目指す幼児教育に差はありません。
ただし保育園は幼稚園と比べて保育時間が長い中、主体的な遊びを通して周囲の人やモノとのかかわり方を深めていっています。
さまざまな体験・遊びを通して探究心や思考力、表現力、粘り強さ、感情や行動をコントロールする力を育んでいきます。これが小学校以降の生活や学習においても重要な自ら学ぶ意欲や自ら学ぶ力を養うことにつながっています。
行事はどのようなものがありますか。また平日の行事はなにがありますか
園によって若干違いがありますが、七夕や節分など日本の文化や季節の行事、入園式、運動会、発表会、遠足・・・子ども達が楽しみにし、また保護者の方もわが子の成長を実感できるさまざまな行事が年間を通じてたくさんあります。
地域や家庭で日本の伝統や文化に触れる、体験する機会が減ってきている中、保育園での行事は子どもたちが文化に触れたり、季節を感じたりする場にもなっています。
また多くの保護者の方に参加頂けるよう、保護者参加の行事は基本的に土日に開催しています。保育参観など園児の日頃の姿をご覧いただくような行事は平日に実施しているほか、個人面談はお仕事の都合をお聞きしながらスケジュールを決めさせて頂いております。
集団活動が初めてなので心配です。
大切な我が子を入園させる保護者は皆さんそう思っていらっしゃると思います。
同じことを多人数の集団で一斉にするのではなく、それぞれの子どもの違いを認め、そこに寄り添う見守る保育を行っております。ご心配なさらず毎日笑顔で送り出してあげてください。
また、悩みのある時はいつでもご相談ください。
職員の育成はどのように行っていますか。
職員の質の向上の為に色々な研修を取り入れております。
社会人としての振る舞いや姿勢を学ぶマナー研修・階層別研修・環境整備研修はもちろん実際の保育の現場で役立つ実技研修などバックアップをおこなっております。
このほかにもグループの指導園長による各園運営指導や園長のスキルアップを図る「園長大学」など、学ぶ場を多く設けています。職員一人ひとりが研修等を通じ、判断基準を法人全体で統一することによって法人理念「自分のこどもを入れたい園」に沿った運営ができるようにしています。
色々な名前の園がありますが中身はどう違うのですか
私どもはチェーンの様な園づくりをしたくなく、各々の園が地域にあったものであって欲しいとの願いから様々な名前をつけて参りました。
ただ、名前を考えるのが中々大変で思いつかなくなり同じ名前の園が増えておりますが、当初の考えは各園に脈々と生きております。
ただ「自分の子どもを入れたい園」にするということころは共通ですのでご安心頂ければと思います。また、名前による違いというものは特にございません。
どのような先生が多いですか。
園によって異なりますが、20代の比較的若手の職員が多いです。
私どもは意図的に新卒から採用した若い職員を主体とした構成としております。体力があり子ども達と一緒に、愛情込めて力いっぱい遊び、活動できるのが大きな魅力になっており、子ども達にも大人気です。
こどもの森グループの方針である「自分の子どもを入れたい園にする」「子どもファースト」といった考え方を新卒から一貫して徹底的に学んでいくことで、今までの保育園とは違う、保護者の方に寄り添い便利で使い易い園、又お子さんにも若々しい情熱、愛情を目一杯注いでいける。これが法人の園運営の基礎となっています。
子どもが園で熱を出てしまった時は、すぐお迎えが必要ですか
基本的には、37度5分以上の熱がある時に、保護者様に電話で一度連絡を入れさせていただき様子を見るようにしています。
お迎えのお願いについては、お子様の平熱を加味した上で、元気がない、食欲がない、顔色が悪い、ご機嫌が悪い、ぐったりしている、熱が高く苦しそうなどの様子が見られる場合に、再度保護者様に電話をしてお迎えをお願いしています。(また、お子さんの状況によって、特に熱がなくても発疹・嘔吐下痢等の症状が見られた場合は、感染症の疑いを考えすぐにお迎えをお願いすることもあります。)
歯磨きはどうしていますか
歯ブラシを園で用意して行っています。歯ブラシは、のど突き防止などの安全面に配慮した曲がるシリコン素材の歯ブラシを使用しています。
また使用後毎日殺菌消毒をして衛生面にも配慮しています。
慣らし保育はどのくらいですか?
それぞれのご家庭の事情に合わせて柔軟に対応しています。
お子さんが園にいる間、睡眠と食事(ミルクも)がある程度確保されることが前提ではありますが、職場復帰の時期を見据えて保護者の方と相談しながら決めています。
祖父母などのお迎えも対応してもらえますか?
お子さんの安全や防犯上の理由で送迎者の変更は、保護者の方からのご連絡を頂いた上で対応させて頂いております。
初めての方がお迎えにいらっしゃる場合は安全対策としてあらかじめお名前を頂戴し、引き渡しの際に関係を証明する書類等の確認をさせて頂いております。
園の生活で必要な持ち物などは何があるのでしょうか。
基本的には毎日のお着替え、連絡帳、週の初めにお昼寝用のバスタオルのみとなっております。ミルク、エプロン、歯ブラシやその他必要なものはすべて園でご用意させていただいております。また、オムツの廃棄も園で致します。
乳幼児突然死の予防策はどうしていますか?
乳児は5分毎に視診と触診でお子さんの呼吸や様子を確認しております。乳児においてはこちらのチェックと合わせて体動センサーを導入し、より安全にお昼寝出来るような環境、設備を整えております。また全園でAEDを完備しております。
給食の添加物等、安全性が気になります。
食材に関しては、毎日口にする牛乳は北海道産のものを、お米は農薬や化学肥料の使用を通常の半分以下にし、残留農薬検査を実施し安全性を確認した特別栽培米を使用しています。調味料・加工食品についても無添加のものを専門業者から購入。葉物野菜、根菜も東日本大震災以降、産地限定購入の取り組みを継続し、おいしく、安心、安全な給食・おやつの提供をしています。