自分の子どもを入れたい園をつくる
tree bird

京成曳舟駅より徒歩0分、「こどもの森グループ」の一員です。
私たちは子ども達にとって居心地の良い、第二のおうちのような存在であること、
保護者の方にとって使い易く、子育ての支えになる存在であること、
子どもをここで育てたいと思える存在であることを目指して園づくりを行っています。

保育内容1

一日の流れ

時間

登園・自由遊び

元気な声で「おはようございます」と挨拶し、保護者の方と一緒に身支度を整えます。その後自由遊びをします。

朝の会・おやつ

今月の歌をうたい、朝の挨拶やお返事をして一日をスタートします。幼児クラスは合唱を行います

活動・戸外遊び

晴れている時は戸外遊びを行い、雨天時は室内で机上遊びや体を使った遊びを実施します。

給食

先生や友達と食べることで、楽しい雰囲気の中、食事のマナーを身につけます。

歯ブラシ

園でシリコン製の歯ブラシを用意しています。歯ブラシ指導を行い、歯ブラシの習慣を身に付けます。

お昼寝

一人ひとりコット(ベット)を使用し、ゆっくり休息をとります。(0~2歳児は体動センサーを使用しています)

起床・おやつ

毎日おいしい手作りおやつです!どのクラスの子ども達も夢中になって完食しています。

帰りの会・自由遊び

今日楽しかったことを発表し合い、明日の登園を楽しみにします。お散歩に行ったり室内にて遊びます。

降園・延長保育

お子様の一日の様子、伝達事項をお伝えします。延長保育のお子さんはお迎えまで遊んで待ちます。

補食

夕食までのつなぎとしてパン等を食べます。食べ終わった子ども達は自由遊びをして過ごします。

保育内容2

年間行事

入園式

ご入園おめでとうございます。新たに入園するお子様をお祝いします。かわいい入園証書授与式です。

個人面談

お迎え時間前後15分程度で、お子様の気になることや園内での様子等、ゆっくりお話できる場を設けています。

親子遠足

親子のふれあい、クラスでの親睦を深めることを目的として、 公園にて全クラスでレクリエーションを行います

春のイベント

  • 入園・進級式
  • 親子遠足
  • 個人面談
  • ビデオ上映会・懇談会

は保護者参加行事となります

七夕

七夕製作をクラス毎に行い、笹に短冊と共に飾ります。七夕の事を知り、七夕にちなんだ行事食・おやつを提供しています

すいか割り

「右!左!前!」と力を合わせてすいか割り。みんなで割るスイカはいつもより美味しいね。

プール/水遊び

園舎前のスペースで園児も職員も全力で水遊び。夏ならではのお楽しみです。

夏祭り

本格的な屋台では、どこから回ろうか真剣に悩む子どもたちです。盆踊りやゲームで夏の思い出を作ります!

夏のイベント

  • 七夕
  • プール開き
  • お泊り保育
  • 夏祭り

は保護者参加行事となります

作品展

毎年、全クラスでテーマに沿った個性豊かな作品を作ります。隣接する児童館の展示スペースをお借りして、展示します。

運動会

小学校をお借りし、晴天時は校庭、雨天時は体育館で開催。お子様の成長を見ていただく一大イベントとなっています。

芋掘り遠足

土の匂いや感触を楽しみながら、自然の恵みに感謝します!

ハロウィン

衣装を着て小さなゴーストに大変身!園周辺をパレード。

秋のイベント

  • 運動会
  • 芋掘り
  • ハロウィン
  • 保育参観
  • クリスマス会

は保護者参加行事となります

マラソン大会

八広の土手に行き3~5歳児がマラソンを行います。友達と切磋琢磨し合い、ゴールを目指して頑張る子どもたちです。

クリスマス会

鈴の音と共にサンタがやってくる…!?プレゼント嬉しいな。サンタさんには素敵な歌をプレゼントします!

発表会

進級してからできるようになったこと、頑張ったことの集大成です。力を合わせることの大切さ、出来たを学びます。

卒園式

ご卒園おめでとうございます。保育園での思いを胸に5歳児クラスの門出をみんなでお祝いします。いつでも遊びにきてね!

冬のイベント

  • もちつき会
  • 節分
  • ビデオ上映会
  • 個人面談
  • ひな祭り
  • 発表会
  • 卒園式

は保護者参加行事となります

OUR ACTIVITY

園の取り組み

コーナー保育

2~5歳児

興味のある遊びをやり込める環境設定にしています。集中力、創意工夫、発展させる力を養います。

運動あそび

1~5歳児

リズムや音に合わせて体を動かし、遊びの中で集中力を育てます。

音楽あそび

2~5歳児

リズム、聴音、ソルフェージュ、ピアニー演奏を行いながら遊びの中で音感を育てます。

誕生会

全園児

毎月全園児が集まり、お誕生月のお友だちをお祝いします。その日の給食は特別プレートです。

英会話

全園児

外国人講師を招いて、英会話を行っています。歌ったり踊ったり、時には製作したり!子どもたちも大好きな時間です!

保護者様の声

T.Nさま
保護者様の声
原文
すごくアットホームな雰囲気で、子どもも毎日とても楽しそうに通っています。季節の行事もとても丁寧に企画・運営してくださり、飾り付けなどもセンスが良くて、参考にさせていただきたい点が満載です。何よりも先生方がいつも笑顔で優しく接してくださるので、安心して仕事に打ち込め、大変感謝しております。
こちらの園に通うことができて、本当に良かったと思っています。
M.Uさんの保護者さま
保護者様の声
原文
バス遠足がある所。自分でお弁当、リュックを持ってちゃんとバスでは座って乗っているようで非日常の体験が成長させてくれます。
高架下ということで、当初は騒音を心配しましたが、眠りの音楽(オルゴール)をかけてぐっすり眠れているようです。むしろ、日かげを有効活用し真夏でも強い日ざしを気にせずプールあそびや水あそびができます。
S.Jさま
保護者様の声
原文
子が病気休み明けに登園した際、先生が注意深く様子を見てくれ、給食の量や水分補給などに気を使ってくれました。
先生達がいつも元気で、笑顔で応対してくれます。おもちゃ遊びだけになりがちな室内での遊びもバリエーションに富んでいてありがたいです。
S.Tさま
保護者様の声
原文
夏まつりや運動会など保護者同伴のイベントだけでなく、遠足やマラソン大会など子供たちだけでのイベントもたくさんあり、子供も喜んでいます。
何かイベントがあると目標に向かって練習したり、それを家でやってみせたりと日々成長を感じることができます。
J.Tさま
保護者様の声
原文
小規模園から転園してきたので、たくさんの行事にワクワクの一年でした。先生方もとてもよく見てくださっていて、他の人にすすめられる保育園です。
E.Kさま
保護者様の声
原文
園舎の雰囲気が明るく、登園当初から楽しそうに過ごしていて安心して預ける事が出来ました。温かみが感じられる雰囲気です。
行事や懇談会等、日程が配慮されていて仕事(時間)を調整することが少なく大変助かっています。
Mさま
保護者様の声
原文
先生方は皆、優しく、温かい雰囲気で、園全体で子供を受け入れてくれている感じです。異年齢の子供同士のコミュニケーションもあり、子供は毎日楽しく通わせてもらっています。
以前の園でのお昼寝は、布団で大変だったので今回の園ではコットで楽になりました。
S.Rさま
保護者様の声
原文
他園では、外遊びの頻度がとても少なく体力を持て余していたのですが、こちらの園では晴れている日は毎日外遊びがあり、基礎体力がつき食欲も増え睡眠の質も良くなりました。
N.Kさま
保護者様の声
原文
少人数の園ですが、とても細かな点まで先生の目が行き届いており、安心して子供を任せることができます。特に大人しい、活発など性格の異なる子供たちの特徴を個々に把握し活かし、のびやかに育んでくれます。行事は夏祭りや運動会など、先生が準備してくださり保護者負担は少ないのにとても豪華で、申し訳なくなる程です。
A.Oさま
保護者様の声
原文
担任の先生だけでなく他のクラスの先生方も子供の名前を覚えてくださり、いつも笑顔で声をかけていただきとてもうれしいです。子供もおしゃべりが上達してきた頃から先生やお友達の名前を言ったり、教えてもらった歌を歌ったり保育園で楽しく過ごせているように感じます。また、おむつは園で処理していただき、保護者側で準備する持ち物も少なく、とても助かっています。

保護者様アンケート

現時点で園を選び直すとしたら
当園を選びますか。

選ぶと回答

83%

子ども・保護者の意向を考慮してくれる

安心して預けられる

入園案内

施設概要

名称
まなびの森保育園曳舟
住所
〒131-0046
東京都墨田区京島1-44-17
電話番号
03-3618-8688
保育時間
月~土 7:15~20:15
日・祝および12/29~1/3は休園となります。
対象年齢
産休明けから就学前まで
定員
68名
園庭
隣に公園あり
アクセス
京成曳舟駅 徒歩0分

保育料

月極保育

月~金コース

基本料金 0才 1~2才 3~5才
延長料金
(30分)
2食目
スポット
(30分)

月~土コース

基本料金 0才 1~2才 3~5才
延長料金
(30分)
2食目
スポット
(30分)
一時保育
入園登録料
30分あたり 0才 満1才以上
給食・おやつ 0才 満1才以上

よくあるご質問

幼児教育の面で保育園と幼稚園は大きな違いがあるのでしょうか
厚生労働省による保育園の内容を定めた「保育所保育指針」、文部科学省による幼稚園の内容を定めた「幼稚園教育要領」において、両者が目指す幼児教育に差はありません。
ただし保育園は幼稚園と比べて保育時間が長い中、主体的な遊びを通して周囲の人やモノとのかかわり方を深めていっています。
さまざまな体験・遊びを通して探究心や思考力、表現力、粘り強さ、感情や行動をコントロールする力を育んでいきます。これが小学校以降の生活や学習においても重要な自ら学ぶ意欲や自ら学ぶ力を養うことにつながっています。
行事はどのようなものがありますか。また平日の行事はなにがありますか
園によって若干違いがありますが、七夕や節分など日本の文化や季節の行事、入園式、運動会、発表会、遠足・・・子ども達が楽しみにし、また保護者の方もわが子の成長を実感できるさまざまな行事が年間を通じてたくさんあります。
地域や家庭で日本の伝統や文化に触れる、体験する機会が減ってきている中、保育園での行事は子どもたちが文化に触れたり、季節を感じたりする場にもなっています。
また多くの保護者の方に参加頂けるよう、保護者参加の行事は基本的に土日に開催しています。保育参観など園児の日頃の姿をご覧いただくような行事は平日に実施しているほか、個人面談はお仕事の都合をお聞きしながらスケジュールを決めさせて頂いております。
集団活動が初めてなので心配です。
大切な我が子を入園させる保護者は皆さんそう思っていらっしゃると思います。
同じことを多人数の集団で一斉にするのではなく、それぞれの子どもの違いを認め、そこに寄り添う見守る保育を行っております。ご心配なさらず毎日笑顔で送り出してあげてください。
また、悩みのある時はいつでもご相談ください。
職員の育成はどのように行っていますか。
職員の質の向上の為に色々な研修を取り入れております。
社会人としての振る舞いや姿勢を学ぶマナー研修・階層別研修・環境整備研修はもちろん実際の保育の現場で役立つ実技研修などバックアップをおこなっております。
このほかにもグループの指導園長による各園運営指導や園長のスキルアップを図る「園長大学」など、学ぶ場を多く設けています。職員一人ひとりが研修等を通じ、判断基準を法人全体で統一することによって法人理念「自分のこどもを入れたい園」に沿った運営ができるようにしています。
色々な名前の園がありますが中身はどう違うのですか
私どもはチェーンの様な園づくりをしたくなく、各々の園が地域にあったものであって欲しいとの願いから様々な名前をつけて参りました。
ただ、名前を考えるのが中々大変で思いつかなくなり同じ名前の園が増えておりますが、当初の考えは各園に脈々と生きております。
ただ「自分の子どもを入れたい園」にするということころは共通ですのでご安心頂ければと思います。また、名前による違いというものは特にございません。
どのような先生が多いですか。
園によって異なりますが、20代の比較的若手の職員が多いです。
私どもは意図的に新卒から採用した若い職員を主体とした構成としております。体力があり子ども達と一緒に、愛情込めて力いっぱい遊び、活動できるのが大きな魅力になっており、子ども達にも大人気です。
こどもの森グループの方針である「自分の子どもを入れたい園にする」「子どもファースト」といった考え方を新卒から一貫して徹底的に学んでいくことで、今までの保育園とは違う、保護者の方に寄り添い便利で使い易い園、又お子さんにも若々しい情熱、愛情を目一杯注いでいける。これが法人の園運営の基礎となっています。
子どもが園で熱を出てしまった時は、すぐお迎えが必要ですか
基本的には、37度5分以上の熱がある時に、保護者様に電話で一度連絡を入れさせていただき様子を見るようにしています。
お迎えのお願いについては、お子様の平熱を加味した上で、元気がない、食欲がない、顔色が悪い、ご機嫌が悪い、ぐったりしている、熱が高く苦しそうなどの様子が見られる場合に、再度保護者様に電話をしてお迎えをお願いしています。(また、お子さんの状況によって、特に熱がなくても発疹・嘔吐下痢等の症状が見られた場合は、感染症の疑いを考えすぐにお迎えをお願いすることもあります。)
歯磨きはどうしていますか
歯ブラシを園で用意して行っています。歯ブラシは、のど突き防止などの安全面に配慮した曲がるシリコン素材の歯ブラシを使用しています。
また使用後毎日殺菌消毒をして衛生面にも配慮しています。
慣らし保育はどのくらいですか?
それぞれのご家庭の事情に合わせて柔軟に対応しています。
お子さんが園にいる間、睡眠と食事(ミルクも)がある程度確保されることが前提ではありますが、職場復帰の時期を見据えて保護者の方と相談しながら決めています。
祖父母などのお迎えも対応してもらえますか?
お子さんの安全や防犯上の理由で送迎者の変更は、保護者の方からのご連絡を頂いた上で対応させて頂いております。
初めての方がお迎えにいらっしゃる場合は安全対策としてあらかじめお名前を頂戴し、引き渡しの際に関係を証明する書類等の確認をさせて頂いております。
園の生活で必要な持ち物などは何があるのでしょうか。
基本的には毎日のお着替え、連絡帳、週の初めにお昼寝用のバスタオルのみとなっております。ミルク、エプロン、歯ブラシやその他必要なものはすべて園でご用意させていただいております。また、オムツの廃棄も園で致します。
乳幼児突然死の予防策はどうしていますか?
乳児は5分毎に視診と触診でお子さんの呼吸や様子を確認しております。乳児においてはこちらのチェックと合わせて体動センサーを導入し、より安全にお昼寝出来るような環境、設備を整えております。また全園でAEDを完備しております。
給食の添加物等、安全性が気になります。
食材に関しては、毎日口にする牛乳は北海道産のものを、お米は農薬や化学肥料の使用を通常の半分以下にし、残留農薬検査を実施し安全性を確認した特別栽培米を使用しています。調味料・加工食品についても無添加のものを専門業者から購入。葉物野菜、根菜も東日本大震災以降、産地限定購入の取り組みを継続し、おいしく、安心、安全な給食・おやつの提供をしています。