自分の子どもを入れたい園をつくる
tree bird

京成線 船橋競馬場駅から徒歩2分「こどもの森グル―プ」の一員の園です。私たちは子ども達にとって居心地の良い、第二のおうちのような存在であること、保護者の方にとって使い易く、子育ての支えになること、子どもをここで育てたいと思える存在であること、を目指して園づくりを行っています。

保育内容1

一日の流れ

時間

順次登園

「おはようございます!」元気いっぱいに登園します。 身支度を整えたら、自由遊びをします。

朝マラソン

準備体操のあとに、広い園庭を元気いっぱい走り、雨の日もホールを走ったり思い切り体を動かします。

朝の会

朝の挨拶や季節の歌を歌い、一日のスタートです。

給食

先生や友達と食べることで、楽しい雰囲気の中、食事のマナーを身につけます。

歯磨き

園で用意したシリコンの歯ブラシを使って静かに歯磨きをします。使用後、園で消毒し保管庫で保管します。

お昼寝

コット(ベット)でお昼寝をします。0・1歳児は、SIDS対策として体動センサーを敷いてお昼寝をします。

起床・おやつ

毎日給食の先生が作ったおいしい手作りおやつです。こども達も楽しみにしている時間です。

保育内容2

年間行事

入園式・進級式

みんなで新しいお友達を歓迎します。園庭にある桜の木もお祝いに花を添えてくれます。

春のイベント

  • 入園式・進級式

は保護者参加行事となります

お泊り保育

夕食の買い出しやクッキング、スイカ割りなど盛りだくさん。普段と違う環境の中で、自ら挑戦する心を育みます。

夏祭り

お神輿やゲーム、盆踊り等夏祭りならではの雰囲気を楽しみます。

夏のイベント

  • お泊り保育
  • 夏祭り

は保護者参加行事となります

運動会

園庭を使って、親子競技、かけっこ、体操発表など一人ひとりの成長を見ていただけます。

遠足

幼児クラスが、電車とバスを利用し遠足にでかけます。豊かな自然の中で土に触れたり思い切り体を動かして遊びなます。

秋のイベント

  • 運動会
  • 遠足

は保護者参加行事となります

節分

鬼のお面をかぶって「鬼は外~」と鬼にめがけて豆を投げます。

発表会

緊張しながらも、舞台で頑張る子どもたち。練習の成果を発揮する姿は感動します。。

卒園式

小さかったみんなもいよいよ卒園。園長先生から卒園証書をもらい保護者の方へ感謝のお手紙を読みます。

冬のイベント

  • 節分
  • 発表会
  • 卒園式

は保護者参加行事となります

OUR ACTIVITY

園の取り組み

朝マラソン

3・4・5歳児

毎朝、広い園庭を元気いっぱい走り、雨の日もホールを走ったり思い切り体を動かします。

年越しうどん作り

全園児

0~2歳児が生地を作り、3~4歳児が伸ばし、5歳児が切ってと毎年全園児で年越しうどんを作っています。

リズム

1~5歳児

走る、止まる等メリハリをつけて、様々な運動能力、集中力、友だちと関わる力を身に付くようにしています。

体操

3・4・5歳児

全身を使って運動し丈夫な体を作り、目標に向かって頑張ります。

ひらがな指導

年長

姿勢を正し、鉛筆の正しい持ち方を教え、褒めることで自己肯定感を高めていきます。

異年齢保育

3・4・5歳児

兄弟のように過ごすことで思いやりの心やコミュニケションを養います。

保護者様の声

R・K様
保護者様の声
原文
少人数で一人一人をよく見てくれています。良いところは褒めて認めてくれるのはもちろんですが、ダメだったところも子どもの気持ちに寄り添いながら、しっかりと指導してくれているのを感じます。縦割り保育を取り入れており、普段は次女で甘えん坊の娘が、年下の子と過ごすことで、時には我慢すること、小さい子に優しく接することを自然と学んでくれており、親として大変嬉しく思っています。入園前には好き嫌いも多く、とても小食で心配していましたが、給食がとても美味しそうで、今ではおかわりをするくらいに。素材にこだわり、工夫をしてくださっているからこそノ7美味しい給食だと思います。保育園のお陰で、心も身体も大きくなりました。感謝の気持ちでいっぱいです。
Y・O様
保護者様の声
原文
こちらの園は教室も園庭の広いので、動き回ることが大好きな息子がのびのびと過ごせると思い入園を希望しました。先生方の雰囲気が良く、保護者にも子どもにも丁寧に接してくださるため安心して預けることができます。実際に息子は先生にとても懐いており、きちんと子どもと向き合ってくださっているんだなと感謝の気持ちで一杯です。
S・Y様
保護者様の声
原文
駅からとっても近いので助かります。施設がきれいでいつも清潔なので安心しています。大通りに面していますが、広い園庭が住宅側に向いているので安心です。駐車場、駐輪場ともに広く余裕があるので助かります。何より先生方がとても明るく優しく、丁寧な保育をしてくださるので、この保育園でよかったなぁと思っています。
M・K様
保護者様の声
原文
先生方からの挨拶や、見学の際、子どもたちに対しての表情や言葉のかけ方が、明るく落ちついた雰囲気だと感じております。育児での質問や困ったことがあれば、園長先生や先生方に相談すると快く答えて下さいます。また、看護師さん、調理室の方も感じが良く接して頂いております。清潔に保たれた広い園舎で、安心してのびのびと過ごせる場だと思います。
E・K様
保護者様の声
原文
船橋競馬場駅前園の魅力は”施設の新しさ””園庭の広さ”なども有りますが、私が何より感じているのは先生方の園児への関わり方です。子供がぐずっている時も膝をつき、目線を合わせて話を聞き解決の方法を一緒に探して下さるので本当に信頼してお預けしています。園長先生や栄養士さんも園での様子を笑顔で共有して下さり、とても温かいです。園だよりでは手書きでたくさんの写真も切り貼りされていて、子供達も毎月楽しみに見ています。これからもお友達や先生がたと、楽しい園生活を送ってもらいたいです。
R・A様
保護者様の声
原文
1才から預けることになり、慣らし保育の間は毎日泣いて泣いてどうなるかと思いましたが、2カ月経った今、娘は保育園が楽しいみたいです。休みの日には、お家で「せんせ!!」と大きな声で呼ぶこともあるくらい先生が大好きのようで、愛着を持って接してくださっているんだなと感じています。連絡帳でも口頭でもその日の様子をしっかり伝えてくださるので、安心、信頼して預かってもらっています。また、持ち物などが他園と比べると少なくて助かります。娘の「やりたい」という意欲を見守ってもらえる点も嬉しいです。この保育園に入園できて良かったと日々主人とも話しています。これからもよろしくお願いします。
M・A様
保護者様の声
原文
他の園では「入園までに○○出来るように練習してください」などと言われたのに対し、こちらの園では「今のままの○○ちゃんで登園してきてください」と言っていただけたのでこの園を選んで良かったと思いました。日々、園児一人ひとりに寄り添った保育をしていただいでいる事にも感謝しています。また、持ち物の少なさなど親の負担が減るよう考えてくださっているのも非常にありがたいです。
M・T様
保護者様の声
原文
子供が口にする食材の産地にこだわりがあり、愛着形成の担当保育を行っている事、乳幼児突然死の予防にセンサー付きのお昼寝ベッドを用意していてお昼寝させていただいている所など園全体の取り組みは園長先生を始め保育士の先生みなさんが一生懸命されている所は他の保育園にはない魅力的な所です。
A・A様
保護者様の声
原文
首もすわってない赤ちゃんを預けることは、不安な事もありました。でも入園して、先生方がみなさん本当に優しくて毎日丁寧に連絡帳で子供の様子も教えてくれて、一緒に成長を見守ってくれているのがわかって、入園できてよかったなぁと思っています。毎月の園だよりや行事の飾りつけもかわいく手作りされていて楽しみのひとつです。こんなに手間暇かけてくださるのに、保護者の負担は最小限で、おかげで子育てと仕事の両立できています。
S・T様
保護者様の声
原文
まず入園後の驚いたことが、園長先生も含めた先生方が担任でない子と親の名前までもすぐ覚えていたことです。他園ではしばらく名前を聞かれました。そして毎日子どもの様子をとても細やかに報告してくれるので、一人ひとりをきちんと見て下さっているんだなぁと実感できます。おはしやトイトレも一人ひとりのタイミングで個別にスケジュールを組んでくれるので、子どものペースでできました。また、季節感のある製作物が多く、毎回製作方法も工夫されているので、作品を見るのが楽しみです。なにより子どもが毎日楽しみに園に行っているので、安心して預けることができます。とても素敵な園です。

保護者様アンケート

coming-soon
近日公開予定です。

選ぶと回答

%

入園案内

施設概要

名称
まなびの森保育園船橋競馬場駅前
住所
〒273-0003
千葉県船橋市宮本9丁目1−11
電話番号
047-402-4402
保育時間
7:00-20:00
日曜・祝日および12/29~1/3は休園となります。
対象年齢
生後57日~就学前
定員
140名
園庭
あり
アクセス
京成線 船橋競馬場駅より徒歩2分

保育料

月極保育

月~金コース

基本料金 0才 1~2才 3~5才
延長料金
(30分)
2食目
スポット
(30分)

月~土コース

基本料金 0才 1~2才 3~5才
延長料金
(30分)
2食目
スポット
(30分)
一時保育
入園登録料
30分あたり 0才 満1才以上
給食・おやつ 0才 満1才以上

よくあるご質問

幼児教育の面で保育園と幼稚園は大きな違いがあるのでしょうか
厚生労働省による保育園の内容を定めた「保育所保育指針」、文部科学省による幼稚園の内容を定めた「幼稚園教育要領」において、両者が目指す幼児教育に差はありません。
ただし保育園は幼稚園と比べて保育時間が長い中、主体的な遊びを通して周囲の人やモノとのかかわり方を深めていっています。
さまざまな体験・遊びを通して探究心や思考力、表現力、粘り強さ、感情や行動をコントロールする力を育んでいきます。これが小学校以降の生活や学習においても重要な自ら学ぶ意欲や自ら学ぶ力を養うことにつながっています。
行事はどのようなものがありますか。また平日の行事はなにがありますか
園によって若干違いがありますが、七夕や節分など日本の文化や季節の行事、入園式、運動会、発表会、遠足・・・子ども達が楽しみにし、また保護者の方もわが子の成長を実感できるさまざまな行事が年間を通じてたくさんあります。
地域や家庭で日本の伝統や文化に触れる、体験する機会が減ってきている中、保育園での行事は子どもたちが文化に触れたり、季節を感じたりする場にもなっています。
また多くの保護者の方に参加頂けるよう、保護者参加の行事は基本的に土日に開催しています。保育参観など園児の日頃の姿をご覧いただくような行事は平日に実施しているほか、個人面談はお仕事の都合をお聞きしながらスケジュールを決めさせて頂いております。
集団活動が初めてなので心配です。
大切な我が子を入園させる保護者は皆さんそう思っていらっしゃると思います。
同じことを多人数の集団で一斉にするのではなく、それぞれの子どもの違いを認め、そこに寄り添う見守る保育を行っております。ご心配なさらず毎日笑顔で送り出してあげてください。
また、悩みのある時はいつでもご相談ください。
職員の育成はどのように行っていますか。
職員の質の向上の為に色々な研修を取り入れております。
社会人としての振る舞いや姿勢を学ぶマナー研修・階層別研修・環境整備研修はもちろん実際の保育の現場で役立つ実技研修などバックアップをおこなっております。
このほかにもグループの指導園長による各園運営指導や園長のスキルアップを図る「園長大学」など、学ぶ場を多く設けています。職員一人ひとりが研修等を通じ、判断基準を法人全体で統一することによって法人理念「自分のこどもを入れたい園」に沿った運営ができるようにしています。
色々な名前の園がありますが中身はどう違うのですか
私どもはチェーンの様な園づくりをしたくなく、各々の園が地域にあったものであって欲しいとの願いから様々な名前をつけて参りました。
ただ、名前を考えるのが中々大変で思いつかなくなり同じ名前の園が増えておりますが、当初の考えは各園に脈々と生きております。
ただ「自分の子どもを入れたい園」にするということころは共通ですのでご安心頂ければと思います。また、名前による違いというものは特にございません。
どのような先生が多いですか。
園によって異なりますが、20代の比較的若手の職員が多いです。
私どもは意図的に新卒から採用した若い職員を主体とした構成としております。体力があり子ども達と一緒に、愛情込めて力いっぱい遊び、活動できるのが大きな魅力になっており、子ども達にも大人気です。
こどもの森グループの方針である「自分の子どもを入れたい園にする」「子どもファースト」といった考え方を新卒から一貫して徹底的に学んでいくことで、今までの保育園とは違う、保護者の方に寄り添い便利で使い易い園、又お子さんにも若々しい情熱、愛情を目一杯注いでいける。これが法人の園運営の基礎となっています。
子どもが園で熱を出てしまった時は、すぐお迎えが必要ですか
基本的には、37度5分以上の熱がある時に、保護者様に電話で一度連絡を入れさせていただき様子を見るようにしています。
お迎えのお願いについては、お子様の平熱を加味した上で、元気がない、食欲がない、顔色が悪い、ご機嫌が悪い、ぐったりしている、熱が高く苦しそうなどの様子が見られる場合に、再度保護者様に電話をしてお迎えをお願いしています。(また、お子さんの状況によって、特に熱がなくても発疹・嘔吐下痢等の症状が見られた場合は、感染症の疑いを考えすぐにお迎えをお願いすることもあります。)
歯磨きはどうしていますか
歯ブラシを園で用意して行っています。歯ブラシは、のど突き防止などの安全面に配慮した曲がるシリコン素材の歯ブラシを使用しています。
また使用後毎日殺菌消毒をして衛生面にも配慮しています。
慣らし保育はどのくらいですか?
それぞれのご家庭の事情に合わせて柔軟に対応しています。
お子さんが園にいる間、睡眠と食事(ミルクも)がある程度確保されることが前提ではありますが、職場復帰の時期を見据えて保護者の方と相談しながら決めています。
祖父母などのお迎えも対応してもらえますか?
お子さんの安全や防犯上の理由で送迎者の変更は、保護者の方からのご連絡を頂いた上で対応させて頂いております。
初めての方がお迎えにいらっしゃる場合は安全対策としてあらかじめお名前を頂戴し、引き渡しの際に関係を証明する書類等の確認をさせて頂いております。
送迎の際に自動車を利用したいのですが、駐車場はありますか。また、自転車やベビーカーでの登園は可能ですか。
駐車場は9台あり、駐輪場も表裏門それぞれ2か所あり余裕をもって停められます。                    自転車、ベビーカーのみ所定の場所に置いておくことができ敷地が広いため、ベビーカーは広げたまま置けます。
外遊びは主にどんなことをしますか。また、幼児クラスの体力作りの取り組みはどんなものがありますか。
園庭では、砂場、遊具の他に草花や昆虫などたくさんの自然に触れるこたができます。縄跳びやボール遊び、ゲーム遊びなど広い園庭ならではの遊びも経験できます。また、園庭だけでなく近隣の公園や神社にもでかけます。 幼児クラスでは、朝マラソン(夏や暑い日以外)を毎日行っています。1クール5~10分程度でおおよそ30分くらいはマラソンの時間にあててます。体力作りだけでなく、継続力も身に付きます。
食育ではどんな取り組みをしていますか。
野菜を育てる、クッキングをする、栄養素の勉強や実験をする、食に関わる全てのことに興味関心を持ってもらうためにこのような取り組みをしています。また恒例の全園児での「うどん作り」は、年長児最後の仕上げにうどんを切って仕上げおやつの時間に食べます。こしが強くおいしいと好評です。季節や年齢に合わせた食育は大切に受け継ぎたい取り組みのひとつです。