株式会社 こどもの森

こどもの森で働く先輩社員の声を紹介します。
選んだ理由は? 仕事のやりがいは?
それぞれが本音で語ります。
井谷 舞
総合職保育士として
採用業務を担当し
充実しています
総合職保育

井谷 舞さん

総合職保育士

2020年入社

松山大学卒業

どんな仕事をしていますか?

総合職保育士として採用業務を担当し充実しています。本部では、Web説明会で総合職保育士の仕事内容をお話ししたり、内定者のみなさんが4月からスムーズに業務に取り組めるよう、月に1度、電話で面談を行なっています。

こどもの森を選んだ理由はなんですか?

子どもに関わる仕事がしたいと思っていましたが、保育園に就職することにピンと来ていなくて、悩んでいる時に“保育園をつくる”事業をしているこどもの森と出会いました。選考を受けていく中で本部全体のスピード感を実感し、自分の力を試したいという思いが強くなりました。そして、独学で取得した保育士資格も活かすことができる総合職保育士の職種があることを教えていただき、総合職ではなく、総合職保育士として入社することを決めました。

これまでで、いちばん嬉しかった
エピソードは何ですか?

0歳児の子どもたちが登園してきた際、私の顔を見て笑顔を見せてくれたり、抱っこを求めて手を伸ばし始めるようになった時、徐々に信頼関係を築けていることを実感でき、とても嬉しかったです。

仕事においてのこだわりはなんですか?

抱っこをする際、必ず子どもに声を掛け、子どもが手を伸ばしたタイミングで抱き上げたり「お鼻拭こうね」や「お着替えしようね」等これから何をするか伝えるための声掛けを行うことを意識しています。本部の仕事では、1日でも早く、本部のスピード感に慣れるよう、より効率の良い方法を探しながら業務を行なっています。

未来の仲間へメッセージをお願いします

総合職保育士はまだ新しく、母数も少ない職種です。これからは総合職保育士を増やしていき、保育士でもあり、本部総合職でもある私たちだからこそできることは何かを皆さんと一緒に考えて実行していきたいです!