株式会社 こどもの森

会社情報

ご挨拶・法人理念会社概要|基本的な考え・保育サービス|取組
基本的な考え

基本的な考え
子どもにとって:子どもの健やかな育ちを支援します
子どもが健康、安全で情緒の安定した生活ができる環境を用意し、自己を十分に発揮しながら活動できるようにすることにより、健全な心身の発達を図る。加えて、養護と教育を一体とした、豊かな人間性を持った子どもを養育する。

保護者にとって:就労と育児の両立及びその他の保育ニーズを支援します
家庭や地域社会との連携を図り、保護者の協力のもとに家庭養育の補完を行う。多様な就労形態にあわせ、柔軟に使い易く同時に安心して子どもを預けられる園運営を目指す。

地域にとって:地域の子育てを支援します
地域における子育て支援のため、乳幼児などの保育に関する相談に応じ、助言するなど社会的役割を果たす。また、地域に開かれた保育園として、様々な情報発信や交流の場としての機能も果たす。

保育サービス

こどもの森では様々な保育サービスを行っております。

延長保育法人設立当初より当然のサービスとして継続しています。

一時保育保護者の就労スタイルが多様化するなかで、使いやすい保育サービスを提供することで、子育てしやすい社会に変えていきます。突然の入院や出産、お葬式など母親の窮地を助けます。

障害児保育それぞれの子どもに寄りそい、ペースに合わせて、できることを最大限に引き出すことが大切だと考えています。

子育て支援核家族化、地域からの孤立、密室での育児、父親不在等による育児不安など、保育園ならではの地域密着性を活かし、悩みを相談しやすい環境づくりを心がけています。

地域支援開かれた保育所として、地域全ての子育て家庭に対して援助をすべく、直接体験の機会や交流機会などの様々な「場」を提供することで、子育てをします。

学童保育共働き家庭など、放課後に保護者の適切な監護を受けられない子どもたちの居場所を提供します。保護者に代わって保育することにより子育て家庭を支援します。

児童館乳幼児から中高生までの子どもたちがのびのびと安全に遊べる場を提供し、様々な体験ができるイベントを実施しています。また、地域の子育てを支援する事業を展開しています。